中小企業の資金調達

中小企業の資金調達 中小企業の資金調達

中小企業は自己資金だけでなく、銀行などの金融機関から資金調達して事業を経営していかなければなりません。大企業と比較して自己資金の少ない中小企業にとっては、資金調達は経営者の仕事の中で、とても大きな課題で、経営者の半分の仕事は資金調達に関係する仕事とも言えます。

スポンサーリンク
中小企業の資金調達

売掛債権担保融資を活用した資金調達

ABL(Asset Based Lending:アセットベースドレンディング)の種類 不動産や第3者の保証人を必要としない融資 動産担保融資:商品や設備機械などを担保とする貸付 債権担保融資:売掛金などを担保とする貸付 資金調達手段の多様化...
中小企業の資金調達

失敗しないビジネスローンの利用ガイド

資金調達方法:無担保(ビジネスローン) 資金調達方法はどの様なものがあるか。 中小企業が融資を受けたいとき、何を優先して資金調達を考えますか? スピード 簡単 担保 信用 無担保融資はビジネスローンと呼ばれることが多いです。中小企業や個人事...
中小企業の資金調達

審査マンはここを見る!決算書のポイント

審査マンが決算書を見る時はまず貸借対照表「BS」を見る 銀行などの金融機関は融資を行う際、支払能力を見極めるため重要視するのは損益計算書「PL」でなく貸借対照表「BS」です。 特に中小企業に対する融資において最大リスクは当然、倒産を予測する...
中小企業の資金調達

決算書に頼らない不動産担保融資の活用方法

不動産担保融資のポイント! 不動産担保の融資とは? 企業もしくは個人(代表者の自宅)が所有する土地、建物などの不動産を担保に借入を行うことを言います 銀行などの金融機関は、企業の通常プロパー融資については保証協会をつけたりしますが、返済能力...
中小企業の資金調達

資金繰り表はなぜ必要なのか? 将来の資金繰りに困らない「資金繰り管理」を図解入りで解説

資金繰り表をつくっていますか? 資金繰り表とは 会社の経営不振は、財務面では赤字決算や債務超過など決算書や試算表などので、過去の実績で形になってわかりますが、現実的に資金調達が必要となったり最悪の場合、経営破綻の状態になるには資金が回らなく...
中小企業の資金調達

会計ソフトを使ってスピーディな融資が可能に

スピーディな融資が可能に 中小企業やフリーランスの資金繰り支援が広がりを見せています。 地銀などの地域金融を取り巻く経営環境が厳しさを増す中、政府はファインテックなどデジタル化を改革する好機と捉えており、様々な金融サービスの多様化の推進して...
タイトルとURLをコピーしました