2019-04

スポンサーリンク
金融法務(民法改正)

債権法の改正によって、今後の債権譲渡の利用法はどうなるのか。

近年、債権譲渡(譲渡担保)やファクタリングによる売掛債権などを活用した資金調達が、中小企業の資金調達の方法として活用されることが期待されます。このページでは民法の一部を改正する法律(債権法改正)のうち、「債権譲渡に関する見直し」について解説します。
ファクタリング

2者間、3者間ファクタリングをわかりやすく図解で解説

ファクタリングを利用する会社にとっての2者間と3者間の違いとは何でしょうか?
ファイナンス入門

ディスカウントキャシュフロー(DCF法)で時間には価値がることを理解する

現在価値に割り引く。時価には価値があります、 DCF法(Discount Cash Flow) 時間には価値があります。 将来のキャッシュフローは現在価値に割り引いて評価することがDCF法の考え方です。 企業は投資と資金調達の両方を評価して...
ファクタリング

債権譲渡の表明保証って何を保証すること?

表明保証とはどのようなことですか? 債権を売る会社(売主)と債権を買う会社(買主)が売買の対象となる債権の内容について事実であることを保証することです。 表明保証は「債権を売る」、「債権を買う」前提としてその債権の内容を請求書、契約書、取引...
タイトルとURLをコピーしました