2019-12

スポンサーリンク
金融法務(民法改正)

定型約款とは。何が変わったのか。

改正の要点 これまで「約款」と呼ばれてきた契約形態は、民法の意思表示や契約に関する一般的な規定が適用されています。約款のうち、一定のものについて、定型約款として特別のルールを課すことが改正の趣旨です。 ともそも「約款」とは・・・ 「約款」と...
M&Aと事業承継

中小企業の企業評価を算出する基本的な方法について

上場会社であれば株価がありますで、通常はその株価が企業の価値を表すのものとして「時価総額」がいくらの会社ということになります。 しかし、それはあくまでも一定時点の価値であり、それが絶対的評価となるかというと、M&Aにおける評価の意味とは違っ...
金融法務(民法改正)

わかりやすくなった、消滅時効に関する見直し。

時効消滅とは・・・・ 【時効所得】 権利を行使しないまま一定期間が経過した場合に、その権利を消滅させる制度です。 時効中断の意義として、長期間の経過により証拠が紛失したり、自己の有利な事実関係の証明が困難となったな場合などのようなことを救済...
金融法務(民法改正)

債務不履行に基づく損害賠償の変更

債務不履行とは・・・・・ 契約などにもとづいて、故意又は過失によって自分の義務を果たさないことを言います。 過失責任主義の変更 【新法415条1項】 現行では故意、過失、信義則(互いに相手の信頼や期待を裏切らないように誠実に行わなければなら...
タイトルとURLをコピーしました